韓国との「チキンレース」に敗れた金正恩氏が国内「殺りく」に走る可能性

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

しかし近年、金剛山ツアー客射殺事件(2008年)、韓国海軍哨戒艦撃沈(2010年)、延坪島砲撃(2010年)などでは、韓国側に責任転嫁し、自らの非をいっさい認めてこなかった。

今回も当初は、韓国側の「ねつ造」であるなどと強弁。そのために韓国側による政治宣伝放送の再開を招き、軍事衝突の危機が深まる展開となったのだ。

そして、南北は前線に兵力を動員。どちらが先に折れるかという「チキンレース」の様相を呈した

正恩氏の「判断ミス」

その結果として北側が「遺憾」の意を表明したことは、韓国側の圧力に屈したものと言える。