北朝鮮で「改造バイク」に乗った拉致被害者の夫

ジェンキンスさんは、北朝鮮でバイクに乗っていたが、エンジンが壊れてしまった。そこで、日本製の発電機エンジン(?)を載せるなどして、自分で改造してバイクに乗っていたという。

人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された 人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

目的や用途はどうであれ、筋金入りのバイク好きは、どこにいっても部品さえ調達できれば改造をしてでもバイクに乗りたいようだ。

拉致被害者の夫であり、元米国軍人でもあったことから、北朝鮮では厳しい立場にあったと思われるジェンキンスさんが、ささやかなバイクライフを楽しんでいたエピソードには、少しだけほっとさせられる。