「禁断の味」我慢できず食べた北朝鮮男性を処刑

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
北朝鮮で「牛」は生産手段扱いとなり、国家財産だ。個人の牛の所有、屠畜、販売を禁じられ、違反者は単なる経済犯ではなく政治犯扱いとなる。1990年代の大飢饉「苦難の行軍」のころには、牛を食べて処刑された人がいたが、その後は懲役刑で済まされるようになっていた。

また「禁断の味」を楽しむために牛肉が裏取引されたり、ワイロとして使われたりもしていたが、近年は以前ほど取り締まりが厳しくなくなっていた。しかしここへきて、食糧難に耐えられず牛を盗んで食べた男性が摘発され、処刑される出来事が起きた。
(参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

大量の骨が

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋にによると、穏城(オンソン)郡の豊渓里(プンゲリ)にある協同農場で先月、飼育していた牛が忽然と姿を消した。