「禁断の味」我慢できず食べた北朝鮮男性を処刑

北朝鮮で「牛」は生産手段扱いとなり、国家財産だ。個人の牛の所有、屠畜、販売を禁じられ、違反者は単なる経済犯ではなく政治犯扱いとなる。

1990年代の大飢饉「苦難の行軍」のころには、牛を食べて処刑された人がいたが、その後は懲役刑で済まされるようになっていた。

また「禁断の味」を楽しむために牛肉が裏取引されたり、ワイロとして使われたりもしていたが、近年は以前ほど取り締まりが厳しくなくなっていた。しかしここへきて、食糧難に耐えられず牛を盗んで食べた男性が摘発され、処刑される出来事が起きた。

(参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋にによると、穏城(オンソン)郡の豊渓里(プンゲリ)にある協同農場で先月、飼育していた牛が忽然と姿を消した。

牛の飼育を担当していた農場員は処罰を恐れ、農場管理委員会には報告せずに、農場の周囲をひたすら探し歩いた。しかし、どこをどう探しても見つからず、諦めて1週間後に報告した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

委員会はすぐに安全部(警察署)に通報した。農場の担当者は、生活苦で追い込まれた近隣住民に盗まれたものと思い、、近隣の家々の様子を見て回っていた。すると、ある家から肉の匂いがするのに気付いた。

安全員(警察官)と共にその家に踏み込み、倉庫を開けると、中からは大量の牛肉が出てきた。また、オンドル(床暖房)の焚き口からは、牛の骨が発見された。

牛を盗んで食べたことを認めた40代男性は、その場で安全部に逮捕された。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

取り調べに対し男性は、新型コロナウイルス対策で国境が封鎖され、ギリギリの生活を送っていたが、ついに食べ物が尽きてしまい、にっちもさっちもいかなくなった彼は、農場に忍び込んで牛を盗んで食べたと陳述した。

実際、この村の各家では豚、山羊、犬、兎などが飼われていたが、次から次へと盗まれ、今ではほとんど消え去ってしまった。食糧難がいかに深刻かということだろう。

(参考記事:北朝鮮の北東部で物価高騰「路上で一家4人が餓死」

安全部は、農業機械も燃料も不足している現状で、農場にとって唯一の財産である牛を食べたことは、自動車数台を破壊したのに相当する、国全体が苦境にあるのに、牛を食べたことは反国家、反革命行為に当たるとして、男性を19日に処刑すると予告した。

(参考記事:北朝鮮では「牛肉を食べたら銃殺」だった

金正恩党委員長と朝鮮労働党中央委員会は今年9月、牛の個人所有、販売、屠畜を厳しく禁じる指示を下した。情報筋は、この指示の徹底を図るために、男性が見せしめとして処刑されるものだと見ている。

(参考記事:金正恩氏の「牛肉食べるな」方針に戸惑いの声