激しい拷問に耐え続けた北朝鮮「レザーの女王」の壮絶な姿

北朝鮮の流通の中心地、平安南道(ピョンアンナムド)の平城(ピョンソン)にある市場を今月1日、内閣商業局の取り締り班が急襲した。ターゲットは、外国製品のニセモノの製造、販売をしていた業者だ。

平城は、ニセモノ製造技術が発達した地域の一つとして知られている。国家科学院平城分院など研究機関の技術者らが業者に雇われ、指導してきたためと言われている。

ニセモノ産業繁栄の「成果」として、平城の市場には鞄、靴、コートなど安価で良質な革製品が多く出回った。本物と区別できないほどの精巧さで需要が高く、各地に出荷されていた。

ところが、そんな状況が一変した。道の商業部は、1月の朝鮮労働党第8回大会で示された方針に従い、個人生産品は国家品質監督委員会の承認を受けたものに限って市場での販売を認めるとの方針を示した。

党大会前には、市場管理費、つまり「ショバ代」さえ払えば、韓流などのご禁制の品を除いて何を売っても特に制裁を受けなかった。しかし、今後は国家品質監督委員会が製品の生産過程、品質をすべて管理監督し、販売を承認するという体系が確立され、そうした手続きを踏んでいない在庫品を没収しようとしたのだ。要は、財政難に喘ぐ国家が、商人の財産を収奪しようとしたわけだ。

これに対し、地元で「レザーの女王」と呼ばれてきた女性商人のオさんらが激しく抵抗した。埒が明かないと判断した取り締まり班は、中央党(朝鮮労働党中央委員会)に報告。翌日には社会安全省(警察庁)のチームが出動し、なおも抵抗するオさんの言動が「反党的である」として逮捕した。(参考記事:手錠をはめた女性の口にボロ布を詰め…金正恩「拷問部隊」の鬼畜行為

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

ニセモノ生産に複数の科学者や研究者が関わっていることを把握した社会安全省は、技術を伝授した者の名前を吐けと拷問にかけたが、オさんは口をつぐんだままだという。

オさんは逮捕される際、「国が頭を使わず、怠け者の幹部を置いて、国の経済を自分のうちの家計のように考えないから、個人より技術が遅れているのだ」「私を殺したところで、私の革製品加工技術は絶対に持っていけない」などと叫び、安全員(警察官)を決して恐れなかったという。

オさんに対していかなる処分が下されたか、情報筋は触れていないが、法施行当初に「見せしめ」となる人物を選び厳罰に処すのが北朝鮮のやり方だ。もしかすると、オさんが生きて市場に戻れる日は来ないかもしれない。(参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

社会安全省は、国家科学院内の安全部を通じて、オさんと関係のある平城分院の科学者や研究者を片っ端から出頭させ取り調べる一方で、研究所、研究室、実験室の試薬、資材の管理状態について調べているという。

今回の事件を巡り、個人業者らは口々に、「われわれが命をかけて何を作って売ろうと国は関心すら持とうとしなかったのに、生産の土台を固めたと思ったら、今頃になって管理しようとする」などと反発。怒りを露わにしていると、情報筋は現地の空気を伝えている。