中国人客が卒倒した、北朝鮮ウェイトレス「密室サービス」の過激度

かつて、北朝鮮の外貨稼ぎビジネスの花形だった北朝鮮レストラン(北レス)。一時は中国国内に100を超える店舗を構えていたが、経済制裁やコロナ禍の影響で多くの店が閉店した。

その後、一部は営業を再開したものの、今度は新型コロナウイルスで観光客が激減。もがき苦しみつつ営業を続けていたが、逆にその頑張りが閉店の危機を招いてしまったと、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

(参考記事:ウラジオストクの北朝鮮レストラン、コロナ不況で相次ぎ閉店

丹東の中国朝鮮族の情報筋によると、問題となったのは、市内にある平壌高麗飯店だ。(上述の平壌高麗館とは別)。丹東駅、バスターミナルから至近距離にあるこの北レス、建物の大家は中国人で、実際の経営者は北朝鮮からやって来た支配人。北朝鮮出身の女性従業員のサービスがよく、人気があったという。

ところが、コロナ禍で客が激減。それでも国への上納金は作らねばならず、その捻出のために、女性従業員に「不適切な接客奉仕」をさせていた。

そして今月17日の午前0時過ぎ、事件が起きた。レストラン内の個室で、20代の女性従業員が馴染みの中国人客の膝の上に座り、歌って踊っての接客行為を行っていたところ、この客が急に倒れたのだ。おそらく何らかの発作を起こしたものと思われるが、これをきっかけに、紊乱なサービス内容が白日の下に晒されてしまった。

(参考記事:美貌の北朝鮮ウェイトレス、ネットで人気爆発

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

一般的に、北レスでは客と従業員の身体接触は厳しく禁じられ、「健全な場所」との評判があった。この平壌高麗飯店も少し前までは他同様に健全だったが、コロナ苦境で、おさわりサービスを始めるようになり、他の北レス従業員の間で、「少しやりすぎで(性的に)紊乱だ」との悪評が立っていた。

別の情報筋によると、平壌高麗飯店は数ヶ月前から、客と従業員を個室に入れて過度な接触をさせ、支配人や幹部も見て見ぬ振りをしていたという。また、市内の飲食店は、午後9時までの時短営業を強いられている中、このレストランだけは午前2〜3時まで営業を続けていたこともあり、丹東市公安局が調査に乗り出していた。

市民の間では「まもなく閉店に追い込まれるだろう」との噂が立っている。

(参考記事:中国サウナで「北朝鮮美女」の目撃情報…かつては行き過ぎたサービスも

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

同店以外の北レスも、苦境の中にあるのは同じだ。北レスは以前、中国以外にもロシア、タイ、マレーシア、ラオス、さらにはオランダにまで進出し、全世界では130店舗に達していた。

ところが、この世の春は短かった。韓国の朴槿恵政権(当時)は2016年2月、北レスの収入が核開発やミサイル開発に使われる可能性があるとして、自国民に利用自粛を勧告。物珍しさで北レスを訪れていた客が潮が引くようにいなくなり、閑古鳥が鳴く有様となってしまった。

追い打ちをかけたのは、国際社会の制裁だ。国連安全保障理事会で2017年9月に採択された制裁決議2375号は、北朝鮮企業との合弁事業を禁じる内容が含まれていた。それを受けて中国商務省は、国内の北朝鮮系の合弁企業などに対して2018年1月9日までの閉鎖を命じた。

「北レスの隣が北レス」と言われるほどの密集地帯で、中朝国境を流れる鴨緑江に面した一等地に2012年2月オープンし、世界最大規模を誇った平壌高麗館など、遼寧省丹東の北レスとて例外ではなかった。閉鎖期限まで持ちこたえられず、2017年11月に閉店に追い込まれてしまったのだ。

実際、中国のポータルサイト「百度」のストリートビューで確認すると、鴨緑江沿いや市内中心部に立ち並んでいた北レスの多くが姿を消し、平壌高麗館も建物が放置されたままとなっている。