北朝鮮の水害被災地で「将軍様の肖像画」守り高校生ら13人死亡

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
大雨とダムの放流で堤防が決壊し、豆満江の水が市内に押し寄せてきた。それを見た副校長は「このままでは学校は水没し、肖像画が流されてしまう。そうなると、非難や処罰は免れない」と思ったようだ。

そこで、教師や生徒を動員して肖像画救出作戦に乗り出した。ところが、思ったより早く水かさが増し、全員が水に飲み込まれてしまったというものだ。

戦前の日本で、空襲の際に御真影(天皇の写真)を守り亡くなった人が賞賛されていたのと全く同じである。

昨年、同じ咸鏡北道の羅先(ラソン)を襲った大雨の際も、肖像画を守ろうとして多くの人が命を落とした。情報筋は「副校長の『ゴマスリ忠誠』さえなければこんなことにならなかったのに」と残念がり「労働党が煽る『忠誠競争』の犠牲になった」と述べた。

(関連記事:北朝鮮、被災地で「将軍様の肖像画」を守り死亡者続出…住民は複雑な反応

命を落とした人々は、通常なら英雄として大々的に持ち上げられるところだ。