金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈(3)日本への「凱旋」と「国母」の夢

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

1997年には、ともに日本から帰国した妹の高ヨンスク(※高英淑)が夫婦でスイスから米国へ亡命する事件が起きるが、よほど金正日に愛されていたのか、高ヨンヒは何ら咎めを受けなかったようだ。

3人の子どもを生んだ高ヨンヒが、次に狙ったのは国母の地位だったのかもしれない。しかし、彼女は2004年にロシアで客死。その6年後の2010年に後継者として公式登場する愛息・正恩の晴れ姿をみることなくこの世を去った。

元在日朝鮮人で、父親は日本軍の協力者。金正恩の偶像化という側面から見れば、まことに厄介な二人の経歴だが、当時の在日朝鮮人として決して珍しくはない。

誤解を恐れずに書くなら、高ギョンテクや高ヨンヒの「負の経歴」は、それも含めて在日朝鮮人の歴史だ。