金正恩氏は「人道に対する罪」で破滅の瀬戸際にある

正恩氏が「人道に対する罪」から逃れるために、やるべきことはひとつしかない。いますぐ政治犯収容所を閉鎖して、すべての罪を祖父と父になすりつけ、断罪するのだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真 人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された

しかしそこでまた、難題にぶち当たる。祖父と父の権威に頼らずに、彼に何ができるのかという問題だ。もしかすると正恩氏にも、「こんなはずではなかった」と後悔した瞬間があったのではないか。祖父と父は、自分に指導者としてのレールを敷いてくれたはずだった。ところが、その「功績」がいまや両刃の剣だ。

早い話、正恩氏はトランプの「ババ」を引かされたのだ。