同窓会を襲った「血の粛清」…北朝鮮の「フルンゼ軍事大学留学組」事件

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

1993年2月、人民武力省で行われていた会議の途中、武装した軍人が会場になだれ込み、その場で70人の将校が逮捕・連行された。

粛清の嵐はその後5年にわたって続き、30人の将官、100人の佐官、70人の尉官が逮捕され銃殺刑に処された。家族も職を解かれ、平壌から追放された。銃殺や追放を免れた留学生も、軍を辞めざるを得なくなり、再就職後も閑職に追いやられた。

しかし、粛清の嵐はそれで収まったわけではない。金正日氏の指示に従って、保衛司令部は、フルンゼ軍事大学出身者とつながりのある者をあぶり出すために全国的な検閲(調査)に乗り出した。