女性兵士の「性上納」とカネ儲け…北朝鮮軍の「ポンコツ」な実態

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
200キロちょっとの道のりだが、道路事情が劣悪な北朝鮮では、1日で走破できない。夜道の走行は危険であるため、泊まりとなったのだが、北朝鮮軍の基地に乗り入れて駐車。兵士が紹介してくれた近所の旅館で1泊したと情報筋は語った。

もちろんタダで駐車させてくれるわけではない。中国の東風汽車製の6トントラックの場合、積荷のない場合の駐車料金は1時間2000北朝鮮ウォン(約26円)、積荷のある場合はその倍だ。宿代は1泊素泊まりで4000北朝鮮ウォン(約52円)だ。

わざわざカネを払ってまで基地の中に車を停めるのは、安全性が極めて高いからだ。路上に駐車した場合、強盗に襲われる可能性がある。しかし、基地の中なら民間人が許可なく立ち入ることもできず、兵士が24時間体制で警備しているため、強盗や窃盗の被害に遭う危険性が低いというわけだ。