謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

「眼帯(目隠し)をせずに銃殺された死刑囚は、鬼のような形相で息絶えていて、とても見るに耐えない。弾の当たりどころが悪ければ遺体は激しく損傷する。こうした悲惨な光景に耐えられないという理由で保衛部を辞める人もいる」

北朝鮮政府は公開処刑や死刑について公式には発表していない。しかし、脱北者や内部の取材協力者などの証言で公開処刑の実態が国際的に知られるようになり、「世界最悪の人権侵害国家」と言われるに至った。

中国では「さらし首」も

現在、公開処刑を行っているのは世界の249の国・地域の中で、イラン、サウジアラビア、そして北朝鮮のみであり、これらの国々が「人権侵害国家」の汚名を免れることはできない。