【目撃談】北朝鮮ミサイル工場「1000人死亡」爆発事故の阿鼻叫喚

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
第2経済委員会のキム・チョルマン議長、チョ・ピョンホ軍需工業相など多くの高官が責任を取らされ、降格処分となった。工場のピョン・ヨンセ支配人は処刑こそ免れたものの、金日成氏の命令で政治犯収容所に送られた。

事故から20日間、江界を含む慈江道全域への交通、通信が遮断された。噂の拡散を防ぐのが目的だった。しかし、150キロ離れた煕川(ヒチョン)でも火の手が目撃されたほどだったため、それは到底ムリなことだった。

朝鮮日報によると、この工場は地下8階まであり、深さは80メートルに達し、人員や物資の出入りはエレベーターで行う構造だった。また、事故を受けて当局は、道内の各自治体に棺桶の製造を指示するなど事態の収集に当たったと伝えた。

コ氏によると、この工場は元々平壌の平川(ピョンチョン)区域に1946年に設立されたが、朝鮮戦争の時に慈江道に疎開し、65号工場と名付けられた。戦後に26号、65号、93号の3つの工場に分離した。

年間1億8000万発を製造

26号工場は第2経済委員会の第2総局所属で、江界市南部の南川洞(ナムチョンドン)にあり、表向きの名前は江界トラクター工場だった。