女性に「手錠と猿ぐつわ」で強姦…北朝鮮「秘密警察」の極悪手口


「スマホ、パソコンでぼやけが気になる大人の目に」
ファンケル『えんきん』で目の健康習慣を!
たっぷり約14日分試せる【500円モニター】を募集します!

今読むべき記事:「あと15日しかもたない」金正恩、新型肺炎で体制崩壊の危機

それを知った郡保衛部の上層部は、「事件が広がれば道保衛部に移管されるほどになる、そうなればもっと苦しいことになる」と脅迫し、「3万元(約48万7000円)を支払えば、病気扱いにして釈放してやることもできる」と懐柔しようとした。

金正恩党委員長は、保衛部や人民保安省(警察庁)に対して、職権を乱用して金儲けをするな、住民に対する暴行、拷問などの人権侵害をやめるようにとの指示を下したと伝えられている。上層部は処罰を恐れ隠蔽に走ったのだろう。それと同時に、これをネタにしてカネをせびり取ろうとしたのだ。

家族は結局、上部機関への通報を諦め、キムさんを守るために3万元を用意するために駆けずり回っているとのことだ。