金正恩氏は「挑発」でミサイルを撃っている訳ではない

辞書によれば、「挑発」とは「相手を刺激して、事件や紛争などを引き起こすようにしむけること」だとされている。ということはつまり、北朝鮮の行為が「挑発」である場合、「こちらは無暗にそれに乗って、対立を激化させてはならない」という論理が働く。

人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された 人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

問題は、金正恩氏の意図が、本当に「挑発」にあるのかどうかだ。彼の行動をそのように見るのは、その危険性を過小評価することにつながるのではないか。

(参考記事:徐々にわかってきた金正恩氏の「ヤバさ」の本質

昨年8月、韓国と北朝鮮が対峙する非武装地帯で、北朝鮮が仕掛けた地雷の爆発事件が起きた際、これも韓国に対する「挑発」であるとみなされた。ところがその後、南北間で軍事衝突の危機が高まるや、金正恩氏は韓国の朴槿恵大統領との「チキンレース」でまんまと敗れてしまったのだ。

(参考記事:【動画】吹き飛ぶ韓国軍兵士…北朝鮮の地雷が爆発する瞬間
(参考記事:韓国との「チキンレース」に敗れた金正恩氏が国内「殺りく」に走る可能性

人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された 人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

長引く経済難で、北朝鮮の軍の大部分は惨憺たる状態に置かれている。