金正恩氏は「挑発」でミサイルを撃っている訳ではない

軍隊だけでなく、国民の意識の面でも、とても戦争が出来るような状態ではない。大衆は「祖国のために戦う」どころか、金正恩氏が「準戦時状態」を宣言したのに対して「戦争ごっこ」と揶揄していたぐらいなのだ。

人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された 人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

戦争への備えがなければ、「挑発」を繰り返すことに意味はない。むしろ逆効果でさえある。8月の軍事危機をきっかけに、米韓は金正恩氏に対する「斬首作戦」の導入に向けた動きを見せ始めた。金正恩氏はこれを受け、明らかにナーバスになっている。

(参考記事:北朝鮮「先制攻撃」声明に見る金正恩氏の「メンタル」問題

そして、軍がとうてい通常兵力で米韓と戦える状態ではないことを、金正恩第1書記のみならず北朝鮮指導層も充分認識しているだろう。だからこそ、北朝鮮は一撃必殺の「核兵器」にこだわるのだ。実戦配備されて長らく発射実験の行われていなかったムスダンの初のテストを、今回敢えて行ったのは、核戦力の強化に向けた思惑があったのではないか。

人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された 人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

金正恩氏は、自分の権力と安全を守るためにも、核戦力の整備を急いでいる。それこそが彼の「暴走」の意味であり、彼の危険性を物語るものなのだ。それを、いつまでも「挑発」としか捉えられないなら、私たちはより大きな危機に備えるための、貴重な時間を浪費してしまうかもしれない。

(参考記事:北朝鮮「核の暴走」の裏に拷問・強姦・公開処刑
(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由