文在寅政権が北朝鮮に送り続ける「非核化に致命的」な贈り物

政治の世界では時に、そのような考え方もあり得るのかもしれないが、この2つの政権は重要な部分で判断を誤っている。それは、非核化であれ平和統一であれ、金一族の独裁を許している限り実現は難しいのに、むしろ独裁体制の延命に手を貸してしまったことだ。

カネを与えることの害悪は言うまでもないが、人権問題を無視することもまた、恐怖政治を助長するという意味で何より危険な贈り物なのだ。

この点を見誤り続ける限り、文在寅政権は制裁決議の履行でどのように体裁を整えるにせよ、金正恩体制に「与えるべきでないもの」を与えていることに変わりはないのだ。