北朝鮮国内で金正恩「健康不安説」がささやかれ始めた理由

北朝鮮の平壌市民の間で金正恩党委員長の「健康不安説」が流れていると、デイリーNKの内部情報筋が15日、伝えてきた。気の合う友達や親しい友人同士の会話の中で金正恩氏の話題が上ると、「元帥様(金正恩氏)の健康状態が異常である。顔色も暗く、表情も乏しくなったように見える」と口々に語っているという。

北朝鮮国内では、同国の人々が金正恩氏の健康状態の変化を大っぴらに話すことは許されない。それでも、気になるものは気になる。過去には金正恩氏の体形変化と同時に、公開処刑が増えた時期があるからだ。

現在は肥満体である金正恩氏だが、2011年に最高指導者になった直後はそれほどではなかった。しかし、ある時期から急に肥満度が増す。その前後に北朝鮮では粛清の血の雨が降った。残虐な粛清をするなかで、金正恩氏の精神状況と身体に何らかの異変が起きていたと筆者は見る。

北朝鮮国内だけでなく、金正恩氏の健康状態は世界中の情報機関の重要な関心事だ。