世界で最も過激な「BTSファン」は北朝鮮にいた

「あなたが誰であっても、どこの出身でも、どのような肌の色やジェンダーであっても、自分のことを語ってください。そうして、自分の名前と声を見つけてください」(演説の一部)

BTSのこのような考え方が、国よりは自分のことを大切にする北朝鮮のチャンマダン世代の心を射止めたのだろう。しかしそれは、最高指導者を絶対的なものとして仰ぐ北朝鮮の体制とは相容れないものだ。

当局が「BTSの思想的危険性」に気づいているかは不明だが、K-POPなど韓流への取り締まりは強化されている。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)では今年6月、韓流を見ていた女子大生など9人が逮捕されている。両江道(リャンガンド)でも7月に、韓流映画を見ていた中学生7人が逮捕されている。