「たわごとを言うな」金正恩氏が文在寅氏の誘いを無視した理由

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
もちろん、韓国内にもこうした「被害」を最小限に抑えようと努力する人々がいる。例えば米韓両軍は、従来の合同軍事演習の規模を縮小したり、構成を変更したりしながら、同盟維持のために必要な訓練の維持を図ってきた。

北朝鮮は、これに対して抜け目なく攻撃をしかけている。たとえば、対韓国窓口機関の祖国平和統一委員会は、25日に発表した報道官談話で、「(韓国は)朝鮮半島の情勢を考慮して訓練の規模を縮小したとけん伝しているが、そのような常套的なたわごとでわれわれを安心させ、内外世論の非難を避けていこうとするなら、実に愚かな誤算である」と主張。米韓の合同演習が続けば、南北関係を「取り返しのつかない危険に陥れかねない」と脅して見せた。

韓国側も、北朝鮮からこのように言われたからと、「はい、そうですか」と合同演習を全面中止にするわけには行かない。それは、北朝鮮にとっても想定内だろう。