金正恩体制に暗雲…食べ物がない「絶糧世帯」が急増中

ただしこの情報筋は、「苦難の行軍のときのように餓死する人はいないだろう」として、生活は苦しくても20年前のような状況には陥っていないと説明した。あのころの記憶は北朝鮮の人々にとって恐怖そのものだ。

道内の平原(ピョンウォン)、文徳(ムンドク)、肅川(スクチョン)などの穀倉地帯の協同農場では、田植え戦闘の動員人数が足りず、田植えが進められないのではないかとの懸念が広がっている。食べるものがなく動員に応じられない人が増えているということだ。

一方、北部山間地にあり、軍需工場密集地帯の慈江道(チャガンド)でも、 経済的な苦境が広がっている。現地の情報筋は、工場、企業所に野菜を供給する「野菜班」で絶糧世帯が多く現れたと伝え、その理由を国際社会の制裁に求めた。