女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

北朝鮮が国際社会の非難に対し最も強く反発するのは、人権問題を巡ってのものだ。北朝鮮外務省の報道官が6月26日に発表した談話で、「最近だけでも、米国はあらゆる虚偽とねつ造で一貫した『人身売買報告書』と『国際宗教自由報告書』でわが国家を悪らつに謗った」と語気を強めた。

北朝鮮が人権問題で反発するのは、それが最大の弱点だからだ。核問題はむしろ、国際社会の目を人権問題から逸らせる効果を発揮している。30日に板門店(パンムンジョム)で行われた実質的な米朝首脳会談の報道でも、人権問題に言及したメディアはほとんどなかった。しかしいくら非核化が進んでも、金正恩党委員長が残忍な独裁者であり、国際社会に受け入れがたい存在である事実に変わりはない。

公開処刑は、その行為自体が人権侵害であると指摘されているが、北朝鮮ではそれが示威的に、さらには最高指導者の「個人的理由」で行われているところに重大な問題がある。

金正恩氏の父である金正日総書記は、自らの女性スキャンダルが金日成主席(正恩氏の祖父)にバレることを恐れ、愛人だった有名女優の禹仁姫(ウ・イニ)を残忍な方法で公開処刑にしたとされる。しかも金正日氏は、彼女の同僚である芸能人らにその様子を見ることを強制し、恐怖による「口封じ」を行ったのだ。

金正恩氏もまた、これと似たような行為を働いた。