「人であることをあきらめる」ほど凄惨な北朝鮮の鳩拷問

3月に北朝鮮の拷問の実態を明らかにした報告書、「拷問の共和国、北朝鮮」をを発行した北朝鮮人権市民連合(理事長ユン・ヒョン)は2日、外信記者クラブの記者会見で、組織的かつ体系化された北朝鮮の拷問の実態を告発した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

1999年に会寧市保衛部の地下監房と、2000年に耀徳郡の第15号管理所に収監された経験を持つキム・グァンス(44歳、2004年韓国入国、仮名)氏は「会寧の保衛部に収監されていた時、長期間にわたって殴られて、後頭部が割れて歯がすべて折れ、逮捕当時75キロだった体重が38キロに減るほど悲惨だった」と証言した。

キム氏はまた、単純脱北者を収監する地上の監房と分離されている「地下監房」に言及し、「地下監房ではいくら苦しいと悲鳴を上げても、地上には聞こえず、誰も知らないままで死んでしまうのではないかとい恐怖を感じた」と証言した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

キム氏は結局、保衛員に強いられたとおりにスパイ罪を犯したとの虚偽の自白をせざるを得なかったと語った。彼は1999年に会寧市保衛部の地下監房と、2000年に耀徳郡の第15号管理所に収監された経験を持つ。

鳩拷問についての証言

彼はまた、最も悪名高い「鳩拷問」について次のように説明した。