「愛猫を助けたかった」金正恩命令に逆らったある一家の悲劇

近隣住民は呆れた様子で「(水が嫌いな)猫が川を渡って中国と行き来しているわけがない」と、口々に当局のやり方をバカにしているとのことだ。

しかし、北朝鮮の新型コロナ対策は金正恩総書記が自ら指揮しており、あらゆる防疫措置は「金正恩命令」も同然だ。国境を守る兵士たちは、人間はもちろん野生動物であっても国境を侵犯する者は銃撃せよとのコロナ対策の命令に従い、中国から飛んできた鳥を射撃したり、野良猫を捕まえたりするなどの作業を続けているという。