北朝鮮で「日本製の便器」が人気を呼ぶ独特の理由

現地の情報筋によると、平壌では最近、マンションに備え付けられていた北朝鮮製や中国製の衛生陶器を取り外し、日本製に取り替える人が増えている。中区域の高級マンションに住む幹部やトンジュ(金主、新興富裕層)の中には、温水洗浄便座まで取り寄せる人もいる。

金正恩党委員長は、普通のトイレを使えないことから、専用車両に特殊な装備を積んでいると言われるが、幹部やトンジュの間で日本製の便器に人気が集まるのは何故なのだろうか。