金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈(2)偶像化に立ちはだかる実母「高ヨンヒ」

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
北朝鮮で在日朝鮮人帰国者たちが、幸せに暮らしていることを紹介する「帰国者だより」というコーナーに高ギョンテク自身が手記を寄せていた。そのなかに気になるくだりがある。

朝鮮画報1972年12月号
朝鮮画報1972年12月号

「1929年のある日、わたしは愛する父母や兄弟と別れて小舟に身をまかせ、玄界灘を渡り日本へやって来たのである。私は大阪についたその日から、民族的蔑みをうけながら、日本人の経営する「広田裁縫所」で働いた。」

明確には書かれていないが、29年の来日ということから推察すると、「強制連行」ではなく、当時は一般的だった済州島からの出稼ぎと思われる。