金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈(2)偶像化に立ちはだかる実母「高ヨンヒ」

時は今から53年前、1962年10月18日だった。帰国後、高ギョンテクは、北朝鮮でも最低ランクと言われる咸鏡北道ミョンガンの化学工場の労働者として勤務することになる。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

しかし、娘・高ヨンヒが万寿台芸術団に踊り子として入団し、金正日に見初められことをきっかけに、父娘の人生は大きく変わっていく。

そして、高ギョンテクが朝鮮画報に手記を寄せた翌年1973年、高ヨンヒは万寿台歌劇団のいくつかの演目の主役に抜擢され、日本に「凱旋帰国」を果たすのだ。(つづく/敬称略)

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

【連載】金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈(3)日本への「凱旋」と「国母」の夢