北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

北朝鮮では防空部隊を中心に、多くの女性が兵役に就いている。

北朝鮮社会の他の部門と同様、軍内での女性の地位は低く、男性上官による性的虐待も横行している。金正恩党委員長は最近、そうした問題の根絶を指示したとされるが、女性兵士らを苦しめているのは性的虐待だけではない。

(参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によれば、道内の清津(チョンジン)市に駐屯する高射銃部隊の女性兵士たちが、飢えに苦しんだ挙句、民家から盗みを働き、大問題になっているという。

舞台となったのは道内の穏城(オンソン)郡だ。情報筋によれば、問題の女性兵士らはひどい栄養失調に陥り、体調を回復させるため一時的に隊を離れ、師団が管理する現地の農場に派遣されていたという。

「女性兵士らは栄養失調でやつれ、ほとんど『骨と皮』だけに近い状態だったようだ。最初は地域住民に食べ物を分けてもらっていたが、それが出来なくなると盗みを働くようになった」(情報筋)

北朝鮮では、最近でこそ一部で改善が見られるものの、軍内で物資の横流しによる食糧不足が慢性化し、飢えた兵士が盗みや強盗に走る現象が多発している。

(参考記事:【スクープ撮】人質を盾に抵抗する脱北兵士、逮捕の瞬間!

これ自体が国防上の重大な問題だが、今回の女性兵士の件はそれに加え、さらに大きなダメージを軍に与えかねない。

情報筋によれば、4月に穏城郡に派遣されてきた女性兵士らは当初、住民から食べ物をもらうため、交換で軍服や地下足袋、さらには背嚢など軍の支給品を差し出していた。軍用品は耐久性に優れているため、農民の間でも人気が高い。地域の人々は喜んでコメやジャガイモを与えていた。

しかしそうなると、女性兵士らは必然、貧弱な姿で農作業に出ることになる。これを見た住民らは、「最近の軍はあの有様なのか」と考え、我が子を軍に送るまいとする決意を固くしているという。

先に述べたとおり、北朝鮮の軍内では性的虐待や飢えがまん延している。そんなところに大切なわが子を送りたいと思う親がいるはずもなく、兵役忌避のためあらゆる手段を講じる親たちが少なくないという。

(参考記事:ひとりで女性兵士30人を暴行した北朝鮮軍の中隊長

北朝鮮軍は少子化のため、ただでさえ兵員数が減少していると言われる。そこに重なる兵役忌避は、国防力を低下させる深刻な問題なのだ。

(参考記事:日本の「軍事大国化」に震える韓国と北朝鮮

そして、物々交換に差し出すものがなくなった女性兵士たちは、遂には民家に忍び込み、ニワトリやヤギを盗むに至った。地域住民と軍との間でトラブルになり、軍に対する国民の信頼を大きく傷つけることになったのは言うまでもない。

いま読むべき記事:消えた北朝鮮の「ピンクレディー」…看板アナウンサーの行方