北朝鮮「骨と皮だけの女性兵士」が走った禁断の行為

これ自体が国防上の重大な問題だが、今回の女性兵士の件はそれに加え、さらに大きなダメージを軍に与えかねない。

情報筋によれば、4月に穏城郡に派遣されてきた女性兵士らは当初、住民から食べ物をもらうため、交換で軍服や地下足袋、さらには背嚢など軍の支給品を差し出していた。軍用品は耐久性に優れているため、農民の間でも人気が高い。地域の人々は喜んでコメやジャガイモを与えていた。

しかしそうなると、女性兵士らは必然、貧弱な姿で農作業に出ることになる。これを見た住民らは、「最近の軍はあの有様なのか」と考え、我が子を軍に送るまいとする決意を固くしているという。

先に述べたとおり、北朝鮮の軍内では性的虐待や飢えがまん延している。そんなところに大切なわが子を送りたいと思う親がいるはずもなく、兵役忌避のためあらゆる手段を講じる親たちが少なくないという。

(参考記事:ひとりで女性兵士30人を暴行した北朝鮮軍の中隊長