【写真】水着美女の「悩殺写真」も…金正恩氏を悩ませた対北ビラの効き目

北朝鮮が、金正恩体制を非難するビラを北に向けて散布した韓国の脱北者団体と、それを許容した文在寅政権への強硬姿勢を強めている。果たして金正恩党委員長は、対北ビラの何がそんなに気に入らないのだろうか。

韓国当局は1980年代、水着姿の美人タレントらの「悩殺写真」を刷ったビラを前線の北朝鮮兵士めがけて散布し、脱走と亡命を促した。こうしたグラビアの類を「非社会主義的」だと排斥する北朝鮮社会では、決してお目にかかることの出来ないシロモノだ。洗練された韓国美女の水着写真を見た18、19歳の北朝鮮兵士が、どれほどの衝撃を受けたかは想像に難くない
(参考記事:【画像①】美人タレントの「悩殺写真」
(参考記事:【画像②】水着姿の「悩殺写真」
(参考記事:【画像③】「稀代の殺人鬼」体制非難のビラ」

韓国側が北朝鮮兵士に向けて散布したビラは、美女たちの写真とともに「走れば5分!」「本物の自由と幸福がアナタを待っています」「一緒に暮らしましょう!」などと呼びかけている。

北朝鮮側も韓国人タレントの写真を盗用して同様のビラを撒いたが、説得力の違いは歴然だろう。

韓国と北朝鮮は朝鮮戦争(1950年~53年)の時以来、政府当局や民間団体がビラの散布合戦を繰り広げてきた。国連軍が朝鮮戦争において、北朝鮮と中国の共産陣営に対して散布したビラは1000種以上、計10億枚にも及ぶ。共産陣営側も負けじと大量のビラを配布し、朝鮮戦争は一部で「ビラ戦争(Leaflet War)」とも呼ばれたという。

(参考記事:【画像①】美人タレントの「悩殺写真」
(参考記事:【画像②】水着姿の「悩殺写真」
(参考記事:【画像③】「稀代の殺人鬼」体制非難のビラ」

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

この時期に双方が撒いたビラは、主に敵の残虐なイメージを強調するものだった。北朝鮮側は、住民を殺害する米軍兵士の姿をビラに描き、韓国側も北朝鮮軍と中国人民志願軍の兵士が住民を焼き殺し、食糧を略奪する姿を描いた。

また戦争の後半には双方とも、母国を離れて戦う国連軍兵士や中国軍兵士の士気を落とすべく、郷愁を誘う内容のビラも散布。北朝鮮側は投降した韓国軍将校が幸せに暮らしているかのような宣伝を行った。

朝鮮戦争が休戦となった後も、南北は自国の体制の優越性を誇り、あるいは相手側の「ひどさ」を強調する「ビラ」を飛ばし合った。北朝鮮が韓国に経済力で勝っていた1960年代から70年代にかけて、自国は「民衆中心の国」であり「医療費も要らず公害のない民衆が住み良い社会」であると宣伝し、金日成主席の偉大さをアピールしたビラは、一部の韓国国民に対してそれなりの説得力を持ったかもしれない。

「不倫」暴露され

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

一方、脱北者団体・自由北韓運動連合が最近、北に向けて飛ばしたビラでは、北朝鮮の一般国民が決して知ることのできない金一族の「暗部」が暴露されている。
(参考記事:【画像①】美人タレントの「悩殺写真」
(参考記事:【画像②】水着姿の「悩殺写真」
(参考記事:【画像③】「稀代の殺人鬼」体制非難のビラ」

ビラは、金正恩党委員長には異母兄の金正男(キム・ジョンナム)氏がおり、同氏は「浮気者の金正日」が既婚者であるソン・ヘリム氏と不倫関係となって生まれたと説明。金正恩氏の母で日本生まれの高ヨンヒと金正日氏も正式な夫婦ではなく「不倫関係」だったとしている。

(参考記事:機関銃でズタズタに…金正日氏に「口封じ」で殺された美人女優の悲劇

金正恩氏は、父親の異性関係のだらしなさを嫌悪していたフシがある。それなのに、自身までが「不倫の子」だと指摘されたら、穏やかでいられないかもしれない。

北朝鮮の金正恩党委員長は、2017年12月23日の朝鮮労働党第5回細胞委員長大会で演説し、「非社会主義的現象の根絶」を訴えた。非社会主義現象とは、文字通り北朝鮮が標榜する社会主義の気風を乱すあらゆる行為を指す。
(参考記事:【画像①】美人タレントの「悩殺写真」
(参考記事:【画像②】水着姿の「悩殺写真」
(参考記事:【画像③】「稀代の殺人鬼」体制非難のビラ」

北朝鮮当局はそれ以来、非社会主義的行為の取り締まり――要するに風紀取り締まりに力を入れているのだが、そこには男女の「不倫行為」も含まれる。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が昨年9月に平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋の話として伝えたところでは、現地では「あらゆる反社会主義、非社会主義的な行為を徹底して叩き潰そう」という当局主催の講演会が開かれ、次のような話が出たという。

「社会主義秩序をびん乱させているニセ夫婦どもの不倫行為を強力犯罪として集中取り締まりを行い、処罰する」

(参考記事:北朝鮮で「サウナ不倫」が流行、格差社会が浮き彫りに

つまり、金正恩氏は自らの主導で「不倫根絶」をうたっているわけだ。
(参考記事:【画像①】美人タレントの「悩殺写真」
(参考記事:【画像②】水着姿の「悩殺写真」
(参考記事:【画像③】「稀代の殺人鬼」体制非難のビラ」

「稀代の殺人鬼」

ビラはさらに、金正男氏が2017年2月、弟である金正恩氏が放った暗殺団により、マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害されたことを暴露。