北朝鮮の最新版「飢えてでも買うべきマストアイテム」

北東部の大都市、清津(チョンジン)の若者たちの間で人気になっているのはスマートフォンと電動自転車だ。それも「食事を抜いてでも買うという話が出る」(情報筋)ほどだ。つらい食糧危機を経験した北朝鮮の人々にとって「食事を抜く」というのは、非常に重い意味を持つ。

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

なぜ、そこまでの人気なのか。

最初に挙げられるのは、北朝鮮の人々、特に若者たちの見栄っ張りという特性だ。新しい商品が発売されたら先を争って買い求め、自慢する。かなりの値段であってもどうしても欲しいものなら躊躇せず購入する。「思想よりカネが大切」という拝金主義がまん延しているのに加え、持ち物で階級を判断されるという社会的風潮がある。つまり、良いものを持ってこそそれなりの待遇を受けるということだ。

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

もう一つの理由は商売と関係しているからだ。