北朝鮮の最新版「飢えてでも買うべきマストアイテム」

「電気が供給される日なら炊飯器を使えるが、そうでない場合は棚に飾って装飾品として使う」(情報筋)

こういう「単なる高価な箱」を飾り立てるところにも、北朝鮮の人々の見栄っ張りな面が現れていると言えよう。北朝鮮では一般家庭でも発電用のソーラーパネルが普及していて、韓国製の電化製品を買うほどの財力があれば、ソーラーパネルの何枚かは家に設置する余裕があるだろう。しかし、照明やテレビ用には使えても、炊飯器や冷蔵庫を使うには役不足だ。

電動自転車の充電は、自宅でやるのではなく工場でカネを払って行う。電気が優先供給されているため、工場は余った電気を販売して儲けているというわけだ。