北朝鮮の首都・平壌で建設されていた普通江(ポトンガン)川岸段々式住宅区。今月13日に竣工式が行われ、金正恩総書記がテープカットを行った。 日本のメディアでも、入居予定者の朝鮮中央テレビの李春姫(リ・チュニ)アナウンサーが金正恩氏の視察について回り、大喜びするシーンが何度も放送された。李氏は出演時に着用するチマチョゴリの色から「北朝鮮のピンクレディー」として知られる看板アナだ。 (参考記事:金正恩氏「普通江川岸段々式住宅区」竣工式でテープカット) 国営の朝鮮中央通信も「豪華住宅 ...

昨年12月、北朝鮮の両江道(リャンガンド)で、韓国映画を見ていた初級中学校(中学校)の生徒が逮捕され、反動思想文化排撃法に基づき、14年の労働教化刑(懲役刑)という容赦なき判決が下された。 非合法に流入する韓流コンテンツを「人民の精神を蝕む社会主義の敵」と見なす北朝鮮当局は、隠れて視聴したり売買したりしたらどのような目に遭うか、見せしめの重罰を相次ぎ下している。 中には同法に基づき、処刑された例すらある。 (参考記事:引き出された300人…北朝鮮「令嬢処刑」の衝撃場面) ただ ...

ロシアによるウクライナ侵略を巡り、北朝鮮は一貫してロシアを支持している。それは、ロシア軍による民間人虐殺が明らかになった後も揺らいでいない。 たとえば朝鮮中央通信は今月9日、民間人虐殺は、米国と西側諸国による「政治的陰謀」だと非難する論評まで配信した。 「国際問題評論家の金明哲」名義で発表された論評は、「米国と西側諸国がのどがしわがれるほど言い立てている『戦争犯罪行為』は、ロシアの対外的イメージに泥を塗り、ひいては『政権崩壊』を実現してみようとする心理謀略戦の一環として、緻密 ...

北朝鮮で4月15日は太陽節――「民族最大の名節」と言われる金日成主席の生誕記念日だった。このような政治的に重要な日の前後には、一切の事件事故の発生は許さない。 そんな中で、よりによって太陽節を祝うイベントの準備中に、女性を巡って乱闘騒ぎを起こした大学生が当局に逮捕された。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。 事件が起きたのは今月9日のこと。清津(チョンジン)市で企画された太陽節110周年慶祝舞踏会の練習に、清津鉱山金属大学と、呉仲洽(オ・ジュンフプ) ...

北朝鮮では昨年来、労働力が不足する農村や炭鉱に、都市部の若者が赴任を希望する「嘆願事業」が公判に行われている。だが、嘆願とは形ばかりで実際は半強制だ。 嘆願させられているのは、教師の卵とて同じだ。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。 (参考記事:北朝鮮「陸の孤島」に送られる20代美女たちの絶望) 咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋は、市内のエリート大学である、呉仲洽清津(オジュンフプ・チョンジン)師範大学を卒業した学生200人のうち、20人が農村地域の学校に ...

2020年9月に朝鮮半島に上陸し、北朝鮮各地に爪痕を残した台風9号(メイサーク)。国内最大の亜鉛の産地である、咸鏡南道(ハムギョンナムド)端川(タンチョン)市の検徳(コムドク)鉱山も例外ではなく、大規模な土砂崩れなどで多くの住宅が破壊された。 その後、金正恩総書記の肝いりで、大量の人員投入による住宅復旧が行われ、国営の朝鮮中央通信や朝鮮労働党機関紙・労働新聞は今年1月、検徳地区の住宅の入居が行われたとして、山の麓に立ち並ぶ中低層の集合住宅と喜ぶ住民の姿を報じた。 だが、入居し ...

北朝鮮で先月、生徒に対して露骨にワイロの要求を行った高校教師が摘発されたと、咸鏡南道(ハムギョンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。 摘発されたのは、エリート校である咸興(ハムン)市第1高級中学校に務める40代教師のリ氏。北朝鮮では毎年3月8日の国際婦女節(国際女性デー)に、女性に花束や贈り物をする習慣がある。また、学校では小学校や初・高級中学校で児童、生徒がいくばくかのお金を集めて、教師に花束や服、靴などを贈る。 だがリ教員の場合、自らが生徒や保護者にワイロを要求した ...

北朝鮮当局が故金日成主席の生誕記念日である太陽節(4月15日)を前に、凶悪犯罪を防ぐため「犯罪前科者」「ヤクザ者」に対する取り締まりを強化するための指示を下したと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が現地情報筋の話として伝えた。 咸鏡南道のある行政幹部はRFAに対し、「今月初めに党及び行政、司法機関幹部会議が行われた」とし、「会議では太陽の節を迎え、犯罪前科者と無職ヤクザ者に対する取り締まり統制を強化するための当局の指示が伝えられた」と述べている。 この幹部は「指示文は ...

北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)明川(ミョンチョン)で先月末、複数の住宅が燃える火災が起きた。安全部(警察署)は原因究明に乗り出したが、その結果は、北朝鮮の司法がいかに歪んでいるかを如実に表すものとなった。現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。 この火災は、ガソリンとディーゼル油を保管していた商店の倉庫から火の手が上がり、裏手の住宅8戸に延焼し、複数の住民が死傷したというものだ。この商店の倉庫は本来、燃油を保管する施設ではなく、郡内の食堂や商店の責任者が商売のために、法を ...

北朝鮮は、「青年教養保障法」を採択するなどして、若者に対する思想教育に力を入れている。流行に敏感な若者が、外部の「腐った資本主義文化」を国内に持ち込み、体制を揺るがすと考えているからだろう。 だが、法律や思想教育で彼らを縛り付けようとしても、そう簡単にはいかないようだ。最近の北朝鮮での流行について、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。 (参考記事:「若者の精神状態を改造する」金正恩の新法に青年らが猛反発) 咸鏡北道(ハムギョンブクト)清津(チョンジン)市の松坪 ...

今月15日の太陽節(金日成主席の生誕記念日)に向けて、北朝鮮では様々な政治的行事の準備が進められている。その中の一つが、「忠誠の歌の集い」だ。内容は文字通り、金日成氏に忠誠を尽くす歌を歌う集会で、主に女盟(朝鮮社会主義女性同盟)が主催して、女性が参加する。 国営の朝鮮中央通信は2019年10月、首都・平壌で行われた忠誠の歌の集いの全国大会の様子を次のように伝えている。 【平壌10月8日発朝鮮中央通信】金正日同志の朝鮮労働党総書記推挙22周年と朝鮮労働党創立74周年祝賀女性同盟 ...

北朝鮮で10日、金正恩総書記の朝鮮労働党と国家の最高首位推戴10周年を記念する大会が平壌の4・25文化会館で行われた。 金正恩氏は2012年4月11日に開催された第4回党代表者会で「第1書記」に推戴され党の最高指導者となった。同大会では、その前年に逝去した金正日氏を「永遠の総書記」に推戴したが、2021年に開催された朝鮮労働党第8回大会で、総書記のポストを復活させ、金正恩氏は総書記となって現在に到る。 大会では崔龍海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長が報告を行い、「わが ...

北朝鮮の金正恩総書記の妹である金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党副部長は4日、「南朝鮮(韓国)は主敵ではない」としながらも、韓国側が軍事的対決を選択した場合には核兵器の使用をためらわないとする談話を出した。 これに対し、北朝鮮国民の間で反発する声が出ていると、デイリーNKの現地情報筋が伝えている。 両江道(リャンガンド)の情報筋によれば、朝鮮労働党機関紙である労働新聞に掲載された談話を見た住民たちは、「戦争など数十年にわたる口先だけの脅しだ」などと、批判の言葉を口にしていると ...

北朝鮮の刑務所長が、性暴力や収賄など度重なる不正行為を行っていたことが明るみに出て、逮捕された。 咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が事件の詳細を伝えている。 事件の舞台となったのは会寧(フェリョン)市の労働鍛錬隊。1年以下の労働鍛錬刑の宣告を受けた軽犯罪者を収監して強制労働をさせる刑務所だ。服役期間は短いものの協同強度はきつく、受刑者はなんとか強制労働を逃れようとしてありとあらゆる手を使う。 組織のトップとして、絶大な権力を握っていた50代のキム隊長(処長 ...

ウクライナ侵略により、外資の撤退など経済的混乱に見舞われているロシアには現在、北朝鮮から数万人に及ぶ労働者が派遣されている。 国際社会の制裁により一時は大暴落したロシアの通貨ルーブルだが、ある程度持ち直したことにより、米ドル基準の上納金の支払い額が極端に増えることはなくなり、労働者たちは胸をなでおろしているだろう。 しかし、彼らを苦しめているのはそれだけではない。彼らの一部は朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士で、兵役の期間が満了しても帰国できずにいるのだ。 (参考記事:ロシアを「絶 ...

北朝鮮は先月16日、首都・平壌郊外の順安(スナン)国際空港付近から、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」を発射したが、直後に空中で爆発して失敗。韓国の情報当局によると、平壌周辺にはミサイルの破片が降り注いだという。 またその際、破片は北朝鮮の工作員養成機関「金正日政治軍事大学」にも落下し、2名が死亡したとの情報も出ている。 北朝鮮のミサイル発射で死者が出たとする情報は今回が初めてではないが、首都近郊に破片が降り注いだというのは例がなく、北朝鮮当局も収拾に躍起になったよう ...